トヨキン、イマジネーションの海へ飛び出す

こんばんは!今日もオナ禁!トヨキンニッキのお時間です!!

 

今日もオナ禁達成しています!

今は9日目だね。

こんなにオナ禁したの、高校生の頃以来だよ!

 

心なしか、朝起きたとき前よりも辛くない気がするよ。

 

あと段々ムラムラもしなくなってきた…。

 

これは….。

 

もはや…。

 

超越したのか??

 

でも使ってない箇所って退化していくっていう噂だし、それだけ心配。

 

 

さて、トヨキン今日は体を伸ばすためにデューク更家のウォークをしてたら、お気に入りのマグカップを割っちゃって、その上破片で足まで切ってしまったんだ!トヨキントラブル!!

 

こんな時、昔だったら「オナニーして寝るに限る!」っていって、さっさとxviodesを開いて寝てたんだけど、今はオナ禁しているせいか、すごい前向き!

 

次はどんなマグカップに会えるかな?そんな風に思ってさえいるんだ。素敵でしょ!

まさか、女子にモテるってこういうことなのかな?

 

少しの失敗でくよくよせずに前だけ向いていこう。オナ禁が教えてくれたんだ!

 

 

さて、ブログを始めてから四日。

最初の一週間は、主にトヨキンのことをもっと皆にしってもらおうと思っているんだ!

 

それから先はまだ何を書くか決めてないや。なにかアドバイス、要望があったらぜひ教えてください!

そうそう、最近Twitterを始めたんだ!僕への連絡、ファンレターはここからプリーズ!

 

アカウント「@OnaniToyokin 」で検索検索!

 

 

今日は僕、トヨキンのオナニー初体験の話を!!!

恥ずかしながら発表しちゃおうと思いまーす!!

 

僕、トヨキンは昔から国語が得意な少年だったんだ。

そんな僕が小学五年生のときに、始めてオナニーしたおかずは、そう。

 

官能小説。

 

ドラクエのビアンカと主人公が、故郷の宿屋で始めて体を交えるシーンで抜いたんだ!!

 

当時はリビングにパソコンがあったから、親がちょいちょい僕の後ろを通ったんだ。

エロ画像なんて見てる姿なんて、情けない姿を親に見せてはいけない。

 

そう考えた僕は官能小説で抜くことを考えた。

 

官能小説だったら、万が一見られても小説を見ている賢い子になるって寸法さ。

 

当時からトヨキンの神童っぷりが、いかんなく発揮されているね。

僕はイマジネーションの海に、旅立ったんだ。

 

当時は官能小説で死ぬほど興奮できたんだ。

もともとはフローラ派だったけど、官能小説を読んだおかげで僕はビアンカ派に切り替えたよ!

エロスに魂を売ったのは、今考えたらそこからだったんだね…。

 

官能小説でオナニーするのって、想像力のトレーニングにもなるし、頭の回転が早くなるって聞いたことがあるからおすすめ!

 

まあ僕はもうやんないけどね。

Xvideos大好き!!!

 

それじゃあまた明日!!